コード書くときに意識するよになった3つ

社会人として、コードを書くようになって、もう一年半くらい経ってしまった、、
HHKを買って盛り上がっているうちに、偉そうなこと書いてみます。

f:id:kfly8:20120722211416j:plain
http://instagram.com/p/K1hB2fIDGe/


ソーシャルゲームを作っていると、
仕様が変わったり、追加されることがよくあります。

そういう時でも対応しやすいコードを書くために、
最近、大きく3つのことを意識するようになりました。


1個目!

そのコード、直感的?


責任範囲を超えた"なんでもバスケット"みたいなコードは、
どんな使い方ができるか想像しがたいと思っています。

  • 何するコード?
  • お前がやるべきこと?
  • どう使えれば気持ちいい?

とブツブツ唱えてから作ると嬉しいなと思います。

もっぱら方法として効果があると思うのは、

使い方を書いてから、中身を実装すること!


2個目!

コードを書かない

エンジニアとして働いていて、幸い、自分はコードを書くのが好きです。
(ハッカソンしたいーーー。)

なんですが、

  • ゲームとしてすべきことの把握
  • 企画の目的の把握
  • アプリのコードの把握

ができていると、コードを書かないって選択肢がまま取れます。

「もうその機能はあるから5分でできるよ!」

好き嫌いが分かれるかもですが、
意味のあるコードを書くのに時間を使えた方が自分は幸せだと思うので、
「コードを書かない」って選択肢を手札に入れています。


あのモジュールがあるから
「コードを書かない」という選択は取りきれていないので、
精進精進、、



3個目!

コードを書くのに本気にならない

本気で書いたコードは、もしものときに殺される可能性大だからです。

ソーシャルゲームを作っていると、

  • 問い合わせの対応
  • 不具合
  • 仕様変更
  • 新機能!

など、大概作るより強力な弾丸が飛んできます。
作るのに本気だと、あとあと打ち返せないと思っています。

どんだけ怠慢なんだよと思われるかもしれませんが、
自分は全知全能な人でなく、凡人なんだという思想からです。

  • 仕様の先読みした抽象化

は難しい選択肢だと思っています。
ゲームの理解、アプリのコード理解、技術理解など、把握すべきところが多いと思います。
迷うくらいなら、様子を見るべきだと思っています。


以上、自分への戒め!でした。