2012年の振り返りと2013年。

あけましておめでとうございます。

2012年は自分にとって、成長の年でした。
(ということにする!)


最初から私事で恐縮ですが、
鬼畜id:karupaneruraにバツイチと言われてしまいましたが、、
2012年は、一生過ごして行きたいと思っていた人との別れを経験しました。

今まで、チープだと思っていた邦楽の恋愛の歌が
「こんなツラい経験を歌にしてて、すげー」と尊敬の念を抱いたり、
小田和正、中島みゆきらは「くぐっている修羅場が、違う」
と思ったりしてました。階段から人を突き飛ばす人を、自分は見た事がないです。

冗談のようですが、こんな風に思えたことは、
人間って面白いなー感じさせてくれました。
言い方を変えれば、
「人の気持ちになって考える」のは難しく、
経験したら「すんなりわかる。わかった気になる」
都合がいいもんだなと。

つるっつるの脳みそに(もう二度とはごめんだけど)
ありがたいシワもらったなーと。

数十年生きていれば、誰かに悩みを相談したり、されたりあると思うのです。
そんなときなど、相手の気持ちをもっと思いやれればと思ったのです。

元気出たなーということ

そんなこんなで、絶賛へこんだりしてたわけですが、
ありがたいことに元気出たなーということ。

  • エンジニアの上司曰く「何年か先、胸を張ってられるように過ごすといいんじゃないかな」
  • 女の先輩曰く「恋愛体質ね」
  • 美味い飯
  • コードいっぱい書いた。

まとめるなら、

  • 人と話せてよかった。
  • 頑張りを向ける先があったことが幸せだった。

かなーと。

2012年エンジニアとして

2012年は、ほとんどソーシャルゲームのRPG作りをやっていました。

コミット数を見てみると、
去年の8月ころまでにやっていたRPGが、こんな感じ。

git shortlog --no-merges -sn --since=1year
2106  ****
1806  k-kobayashi
544  ***
152  ***
...

今開発中のものが、こんな感じ。

876  k-sato
781  k-kobayashi
267  ***
155  ***
116  ***

これが是か非かは謎ですが、
ぼちぼち手が動くようになってきたのかなとは
思っています。

コードを書くときに意識したいこと3つだなんてこと書けたのも
手を動かせたからかなーと思ってます。


時系列は遡りますが、
2012年の始めに、温泉はっかそんができたこと、
3月にはKyoto.pmでそれに関するLTをさせてもらい、
Perl Mongerと交流できたことも、2012年よかったぜ!って事です。
コミュニティに何らか貢献したい!と思うようになった年になりました。

ちゃっかりadvent calender を書かせてもらったりもしました。

2013年は

2012年、悪い言い方をすれば、がむしゃらな年でした。
コードを書いていて、根拠が乏しいと手が止まってしまっていました。
また人に説明する機会も必要に迫られるようになりました。

そういう具合なので、
今年は、自分に「テコ入れ」をしたいと思います。

具体的には、次のようなことができればいいのかなと。

  • XSモジュール書く
  • webサービスを一個作る
  • 勉強会などスタッフをする

あとは、

  • 温泉ハッカソンをやるー。
  • JSを書きまくるー。

という欲にまみれたこともしたいしたい!


まとまりませんが、ここら辺で。

今年もどうぞよろしくお願いします。